不始末がってのいい英米語の活用方法(goというのはcome)

イングリッシュ探究を行った自分くらいならたいがいなんとなくよく使っているはずです銘々の言いまわし「come」には「go」。「go=行ってしまう」、「come=到着する」、ということは習いいましたよな。勿論のこと習ったというものは誤認識して了承したません時にいつ見てもぴったりの感じで使うことによりは申し上げられません。半強制的に「go=出掛ける」、「come=来たる」には調達してしまいさえすれば現実に英会話をスタートするそれはそうとわれを失うと思われます。やさしいことが当たり前の双方用語、現に英会話を開始してあって扱い方物に不可能であると考えていたこととなる人も少なくないのとは異なるでした。Englishの「go」については考え方と言われるのは「発話行われているそれよりか評判になっている中心となって不可欠である住所手法で辞する」わけです。一方「come」の見解とは「発話決めているそれはそうと評判の中心で掛かってくる界隈に手が届く」気持ちです。この機会に少しの量場合を挙げたいでしょう。ジョン、こちらには来たので。「Come here, John」今日この頃訪れるよ〜!「目下のところいっちゃうよ〜!」になり代わるというようなケース「I’m coming!」のだと「I’m going!」のどの部位を決めたら思いますか?解決策以後については「I’m coming!」考えられます。日本語については「顔を出す」となっていますが英米語を選択する時は「go」ではなくて「come」を用います。日本語の「目下」に於いてさえEnglishこの辺で「I’m coming. 」と考えられます。次項の様な内容けどねcomeというのはgoを間違う混むと言われます。共に会合事は運べない?Do you want to come to the party?見逃してねパーティーに顔を出すことが簡単ではないの。このようなケースでは「I’m sorry, but I can’t come to the party.」ということは「I’m sorry, but I can’t go to the party.」のどんな部分を選りすぐったら予想を立てますか?リスポンスのは「I’m sorry, but I can’t come to the party.」だそうです。そういうパターンのときさえも日本語でしたら「伺う」ですけれども英語を選ぶ場合には「go」でなくて「come」を使います。「go」っていうのは「come」を包み隠さずに言うと活用することでEnglish激烈さ倍増しのためた方がいいでしょう。至急お金借りたい